横断歩道で「飛び出してきた」は通用しない

 さる1月18日午前8時前、和歌山県有田市の走行中の軽乗用車が、信号がない横断歩道を渡っていた7歳の小学女児をはねる事故がありました。

 

 女の子は、父親に小学校近くまで車で送ってもらった直後に事故にあったということで、頭を強く打つなどしましたが命に別状はないということです。

 

 軽乗用車を運転していた50歳代の男性は、「女の子が飛び出してきたがブレーキが間に合わなかった」と話しているということですが、このコメントを聞いて、本当に運転免許を持っている人なのかと耳を疑いました。

 

 車の運転者には、横断歩道の付近に歩行者がいれば徐行する必要があり、横断しようとしているときには一時停止する義務があります。

 

 このコーナーで何度も指摘しているように、「横断歩道は歩行者の聖域」なのです。ですから、女の子が横断歩道に飛び出したのではなく、女の子が聖域を横断している横断歩道に乗用車が突っ込んでいったというのが正しいと思います。

 

 横断歩道を通過するときには、いつも歩行者の聖域を通っているという感覚を忘れないでください。

(シンク出版株式会社 2022.1.21更新)

■雪道・凍結道の事故を防止しましょう

 今冬は、例年になく日本列島に寒気が流れ込んでおり、滅多に雪が降らない地方にも積雪をもたらしています。

 

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

 雪道・凍結道で事故を起こさないようにするために、ぜひ本冊子をご活用ください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月4日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。