助手席の動物に気をとられない

写真はイメージです
写真はイメージです

 

 ニュースで大々的に報じられましたのでご存じの方も多いと思いますが、さる1月24日午後1時25分ごろ神奈川県川崎市の市道を走行していたワゴン車が歩いていた児童や自転車をはね、2人が死亡1人が重傷を負う事故がありました。

 

 事故の現場は、緩やかな左カーブでワゴン車は対向車線にはみ出して、道路脇を走行していた自転車をはねた後、歩道上に乗り上げ、母親と子どもをはねたものです。

 

 ワゴン車を運転していた女性は、「飼っていたインコを獣医に診せるため、かごに入れて車の助手席に乗せていて、気にかけながら運転し、よそ見をしていた」などと供述しているということです。

 

 いくら助手席のインコのことが気になるからといって、対向車線にはみ出して歩道に乗り上げるほどわき見をするというのは、車の運転を軽視しているとしか言いようがありません。

 

 ほんのちょっとした運転者のミスが、人の命を奪い、その家族や周りの人をどん底に落してしまいます。車を運転する人は「車は走る凶器」だということを今一度自覚する必要があります。

 

 動物を車で運ぶときは、ケージに入れて後部座席に乗せるなどして運転に集中できるようにしてください。

(シンク出版株式会社 2022.1.27更新)

■安全意識が低いと大きな代償を支払うことに

甘い意識での運転行動が、大きな過失責任へと結びつきます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。


 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせることで、「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月30日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。