霧が出たら見える範囲で止まれるスピードに落とす

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる1月27日午前8時すぎ、千葉県木更津市の圏央道を走行していたワゴン車や乗用車など12台が絡む事故があり、23人がケガをしました。

 事故現場は片側1車線の対面通行の道路で、霧の影響で視界が悪かったとみられています。

 

 気象条件の悪い中で車を運転していて、怖いと感じることはいくつもありますが、霧の中もその中の一つです。

 

 霧が出ると前方が見えなくなりますので、下向きのヘッドライトを点灯し、見える範囲で止まれるスピードに落とすということが大前提になります。

 

 たとえば、20m先しか見えない状況下で走行しているとします。

 前車がいない状況で走行している場合、前車との距離が20mまで近づくと、急に前車を発見することになります。

 

 そのとき、前車がどれだけのスピードで走行しているのか、止まっているのか分かりません。

 止まっているという最悪の状態を考えると、20m先の前車を発見したときに、追突しないだけのスピードに落としておかなければなりません。前車に追従する場合も同様です。

 

 ただ、どんなに注意していても、後続車から追突されるリスクは否定できません。あまりにも視界が悪い場合は、早めに安全な場所に避難しましょう。 

(シンク出版株式会社 2022.2.2更新)

■トラックドライバーのための「危険感受度」自己診断テスト

 本テストは、8つの運転場面をイラストで見て、自身が「危ない」と思う危険要因を答えることで、自分自身の危険に対する感受性を診断していただくことができるトラックドライバー向けの自己診断テストです。

 

 診断では、右折・左折・直進・後退など4つの交通パターンにおける危険感受度と、3つの危険要素に対する危険感受度の2つの軸から、危険に対する感受性の度合いを知ることができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月12日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。