どんな場所でも時間帯でも横断者に注意

 さる2月7日午後7時10分ごろ、千葉県白井市の国道16号で道路を横断していた高齢女性が走行車両3台にはねられ、死亡する事故がありました。

 

 事故現場は、片側2車線の見通しのよい道路で横断歩道はなく、軽乗用車が女性をはね、その後女性が倒れたところを後続の乗用車2台が立て続けに轢いたということです。

 

 夜間の交通量が多い片側2車線の道路を走行しているときに、横断歩道でないところを歩行者が横断してきたら、なかなか発見しにくいのは事実だと思います。

 

 しかし、最近の横断歩行者がはねられる事故をみていると、早朝の時間帯にバイパスのような道路でもはねられていますので、これまでのように、こんな時間に、こんな場所を横断する歩行者はいないだろうといった固定概念は通用しないように思います。

 

 ということは、車を運転しているときには、どんな場所でも時間帯でも、横断歩行者を警戒して走行しなければならないということだと思います。

 

 車を運転しているときには、まさかこんな場所を横断してくる歩行者はいないと考えないようにしましょう。

(シンク出版 2022.2.14更新)

■運転者のための「危険感受度」自己診断テスト

 本テストは、6つの運転場面をイラストで見て、自身が「危ない」と思う危険要因を答えることで、自分自身の危険に対する感受性を診断していただくことができる一般ドライバー向けの自己診断テストです。

 

 診断では、右折時・左折時・後退時といった3つの交通パターンにおける危険感受度と、3つの危険要素に対する危険感受度の2つの軸から、危険に対する感受性の度合いを知ることができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月30日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。