路肩の雪山で死角が増えることを意識しよう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。

 

 今年の冬は、北海道・北陸や東北などの豪雪地帯だけではなく、幅広い地域の都市部などでも降雪・積雪をみることが多くなっています。

 このような時期に気をつけたいことは、凍結路面などでのスリップ事故だけでなく、積もった雪のつくる死角の危険です。

 

 さる2月10日午後6時10分すぎ、北海道上士幌町の町道で53歳の会社員の男性が運転する軽自動車が、前方を走っていた自転車に乗る32歳の男性をはね、男性が意識不明の重体で病院に搬送されました。

 

 事故発生当時、路面は乾燥状態でしたが路肩には雪が積もっていて、積み上げた雪山のため自転車を見落としやすい状況だったと推察されます。こうした雪山があると自転車も車道に出ざるを得ず、それだけ車と接触する危険が増します。

 また、雪山の隙間から横断する歩行者なども見落としやすくなります。

 

 雪が降ったあと路面の雪が溶けて走りやすくなるとつい気が緩みますが、歩行者や自転車の見落としにも十分に注意してください。 

(シンク出版株式会社 2022.2.16更新)

■運転者のための「危険感受度」自己診断テスト

 本テストは、6つの運転場面をイラストで見て、自身が「危ない」と思う危険要因を答えることで、自分自身の危険に対する感受性を診断していただくことができる一般ドライバー向けの自己診断テストです。

 

 診断では、右折時・左折時・後退時といった3つの交通パターンにおける危険感受度と、3つの危険要素に対する危険感受度の2つの軸から、危険に対する感受性の度合いを知ることができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月30日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。