エンジンがかかった車の進行方向に入らない

 さる2月18日午後3時半ごろ、愛知県瀬戸市の県道で停止したダンプカーから降りた男性が、発進したダンプカーにひかれて死亡する事故がありました。

 

 男性は、県道沿いのドラッグストアに買い物に行くためにダンプカーを降りたということです。

 

 詳しい事故状況は分からないのですが、死亡した男性は助手席から降りてすぐトラックの前方を横切ろうとしたのだと思います。

 

 ダンプカーなどの大型車は、運転席の直前は大きな死角があります。したがって、運転者としては発進する前に直前をアンダーミラーで確認する必要がありますが、同僚男性を降ろした後ということで、その確認を怠ったのではないかと思います。

 

 大型車に限らないのですが、車には運転者から見えない死角があります。

 車の周りにいる歩行者などは、車が見えているので、自分が運転者から見えていると思いがちですが、実は死角に入っていて見えていない、あるいは見ていないということが少なくありません。

 

 大型車に限りませんが、運転席に人がいてエンジンがかかっている車が動く方向のエリアには、入らないようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2022.2.25更新)

■運転者のための「危険感受度」自己診断テスト

 本テストは、6つの運転場面をイラストで見て、自身が「危ない」と思う危険要因を答えることで、自分自身の危険に対する感受性を診断していただくことができる一般ドライバー向けの自己診断テストです。

 

 診断では、右折時・左折時・後退時といった3つの交通パターンにおける危険感受度と、3つの危険要素に対する危険感受度の2つの軸から、危険に対する感受性の度合いを知ることができます。

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月30日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。