接触していなくても相手が転倒すれば責任がある

 

 さる3月1日午後3時ごろ、愛知県瀬戸市の交差点で、赤信号を無視して交差点に進入した原付バイクが、横断していた高齢女性をはねて転倒させケガをさせたうえ、そのまま逃げた疑いで逮捕される事件がありました。

 

 原付バイクを運転していた女性は、「信号は黄色だった。ぶつかったのは間違いで、相手がびっくりして転倒しただけ」と容疑の一部を否認しているということです。

 

 原付バイクの女性としては、事故の責任はないと言いたいのでしょうが、事故の因果関係があるか否かは、事故がどのように発生したかによって判断されます。

 

 原付バイクは、赤信号(黄信号かもしれませんが)で交差点に進入して、横断していた高齢者の近くを通過しようとして転倒させたわけですから、高齢者は驚いて転倒してもおかしくはない状況にあったと認定されます。

 

 そうすると、バイクの行動と高齢者の転倒の間には相当因果関係があるということになり、当然事故の責任が生じることになります。

 

 相手と接触していなくても、相手が転倒すると当然事故の責任が問われますので、そのような危険な運転はしないようにしてください。 

(シンク出版株式会社 2022.3.9更新)

■接触していなくても事故の責任を問われることがある

小冊子「接触していなくても大きな事故の責任がある」は、たとえ他車や他人と直接接触していなくても、大きな責任を問われた6事例を取り上げ、ドライバーに警鐘を鳴らす教育教材です。

 

それぞれの事例は運転者の責任を考える問題形式になっており、参加型の教材となっていますので、講習会等でもご活用いただけます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月30日(金)

工事現場を出る前に荷台を下げていることを確認 積載物の固縛は確実に実施しよう

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。