高速道路では流入車に進路を譲ろう

写真はイメージです。本文事故とは関係がありません
写真はイメージです。本文事故とは関係がありません

 最近では、多くの車にドライブレコーダーが装備されていますので、事故が起きたときの状況を見ることができます。

 

 先日見た動画は、高速道路の流入路の手前を走行していたワンボックス車が、流入路から大型車が本線に入ろうとしてきたため、大型車を避けようと右車線に入ろうとしたところ、そこにちょうどバイクが走行していて接触したという映像でした。

 

 ワンボックス車は、かなりのスピードで走行しており、流入してくる大型車の前に入りたいようでしたが、入ることができず、やむえず右車線に移動したように見えました。

 

 高速道路の流入路付近を走行中に、流入してくる車が見えたら、先に行こうとする人が多いと思います。それは、流入車はスピードがあまり出ていないので、先に行けるのではないかという判断によるものだと思います。

 

 しかし、流入車の位置などによっては、前に行くことができず流入車と接触しそうになることがあります。

 

 高速道路の流入路では道路交通法上は流入してくる車側が譲るべきとなっていますが、状況によっては本線を走行している車が減速して進路を譲るようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2022.4.1更新)

■高速道路で事故・トラブルに巻き込まれないために

 高速道路では、一般道路に比べると高速で移動するため、ひとたび事故を起こすとその被害は大きなものとなる危険が高くなります。

 

 この冊子では、「高速道路でトラブルに巻き込まれない運転」をテーマに、他車の危険行動への対処法や、自車が安全に走行するための運転行動を解説しています。

 

 高速道路走行時においての、自身の運転の危険度を測るセルフチェックも設けていますので、事業所全体における高速道路での事故撲滅に向けて、運転者教育に最適に一冊です。 

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月15日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。