トンネル内では自転車の存在に注意

写真はイメージです。本文事故とは関係がありません
写真はイメージです。本文事故とは関係がありません

 

 さる4月12日午前9時10分ごろ、新潟県魚沼市の国道 290号のトンネル内を走行していた自転車が、後ろから走行してきたタンクローリーにはねられ、乗っていた男性が死亡する事故がありました。

 

 片側1車線のトンネル内で、走行している自転車が後続車から衝突される事故は少なくありません。

 

 事故原因としては、トンネル内の車線が狭いことと、暗くて周囲が見えにくいことが最大の要因となっています。

 

 ほとんどのトンネル内は、路側帯もなく車線も狭いため、自転車は本線上を走行せざるを得ません。そのため、後続車が自転車を見落とすと衝突するリスクが一段と高くなります。

 

 自転車を見落とす要因としては、前車が死角になってその前にいる自転車が見えない、対向車のライトが気になって左側にいる自転車に注意が向かないなど、いろいろなありますが、最大の要因は、トンネル内に自転車がいるということを、運転者がまったく予測していないことだと思います。

 

 最近は、健康ブームを反映して自転車で遠くに出かける人が多くなっており、トンネル内を自転車が走行していることが珍しくはありません。トンネル内を走行するときにも、自転車の存在を頭に入れておいてください。

(シンク出版 2022.4.22更新)

■トンネルなど悪条件下の事故の危険に気づこう

 小冊子「悪条件下における事故防止のポイント」は、運転中に遭遇する「堤防道路」「トンネル」「雨天」「夜間」「渋滞」「山間部」といった悪条件下における事故防止を狙いとした教育教材です。

 

 それぞれの運転場面における注意すべきポイントを簡潔にまとめていますので、悪条件下における事故防止のポイントを簡単に理解していただくことができます。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月30日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。