ガソリン携行缶に自分で給油しないで

 今年4月、三重県伊賀市内のセルフ式ガソリンスタンドで、軽トラックの荷台に置いた金属製の携行缶に、客が自ら給油中に出火して荷台が炎上する火災があったことから、伊賀市消防本部では「携行缶にガソリンを給油する際には、自分で給油しないよう」に呼び掛けています。

 

 2019年に起きた京都アニメーションの放火事件以降に、容器にガソリンを詰め替えるときには、本人確認や用途の確認が義務づけられており、作業は従業員が行うことが義務づけられていますが、先の事件では、従業員は客が携行缶に給油していることに気づかなかったということです。

 

 ご存じのように、ガソリンは揮発性が高く、可燃性の蒸気は空気より重いために低い場所にたまりやすく、引火点も低く極めて引火しやすいという特徴を持っています。

 

 したがって、取り扱いを誤ると思わぬ事故につながるため、取り扱いは、帯電しにくい服を着たガソリンスタンドの従業員が行うようになっているのです。

 

 何か目的があって、携行缶にガソリンを給油する場合には、自分勝手に給油しないで、身元や用途を伝えて従業員に依頼するようにしてください。

(シンク出版株式会社 2022.6.8更新)

■安全運転・事故防止へ50の提言をまとめた単行本

 本書は金光義弘氏(川崎医療福祉大学名誉教授・NPO法人安全と安心 心のまなびば理事長)が長年の研究と実践で培った知識と経験をもとに、現在の交通問題について50の提言をまとめた1冊です。

 

 提言は、リスクマネジメントや危機管理体制の基本、ストレスや健康管理ミスが交通事故の原因になる仕組み、これからの交通社会を担う子どもの安全教育まで、幅広いジャンルを紹介しています。

 

 交通問題解決の指針に触れることができ、朝礼話題のネタ探しにも活用できる一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月12日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。