何かに当たったらすぐに確認しよう

 さる6月16日午前1時ごろ、大阪市西成区のコンビニエンスストアの前の歩道で、コンビニから出てきた車が座り込んでいた男性をはねて死亡させる事故がありました。

 

 警察が防犯カメラを調べたところ、男性がコンビニを出た後に歩道で転倒し、座り込んだところに、コンビニ駐車場から出てきた車がはねる様子が映っており、車を運転していた会社員が逮捕されました。

 

 会社員は、「何かに乗り上げた感じがした」、「人とは思わなかった」と話しているということです。

 

 深夜、路上で寝ていたり、座り込んでいる人が車にはねられる事故は、少なくありません。その理由の一つとしては、暗いなかで路上に寝ている人を発見するのが難しいことがあげられると思います。

 

 しかし、万が一路上で寝ている人の発見が遅れて乗り上げたような感触があったら、それははっきりと認識できることですので、すぐに車を止めて確認しなければなりません。

 

 そうすれば、早めに負傷者の有無を確認することができますので、その時点で救助を呼べば、負傷者を助けることが出来るかもしれません。「何かに当たった」感じがしたら、すぐに車を止めて負傷者の有無を確認するようにしてください。

(シンク出版 2022.6.17更新)

■夜間走行など悪条件下の事故の危険に気づこう

 小冊子「悪条件下における事故防止のポイント」は、運転中に遭遇する「堤防道路」「トンネル」「雨天」「夜間」「渋滞」「山間部」といった悪条件下における事故防止を狙いとした教育教材です。

 

 それぞれの運転場面における注意すべきポイントを簡潔にまとめていますので、悪条件下における事故防止のポイントを簡単に理解していただくことができます。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月9日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。