見通しの悪い交差点では優先を主張しない

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる6月16日午前7時50分ごろ、秋田市内の交差点で、普通乗用車と自転車が出会い頭に衝突し、自転車に乗っていた男子高校生が足の骨などを折る重傷を負う事故がありました。

 

 事故の現場は、センターラインのない狭い道路の信号機がない見通しの悪い交差点で、自転車側に一時停止の標識があったということです。

 

 状況から考えると、男子高校生の自転車が一時停止を無視して出てきたのだと思いますが、普通乗用車の運転者も見通しの悪い交差点を通過するにあたってもう少しスピードを落として警戒して進行するべきでなかったでしょうか。

 

 事故が起きた時間は、7時50分というと通勤・通学の時間帯であり、多くの自転車や乗用車などが通行する時間帯です。

 

 その時間帯に車や自転車で移動している人は、ほとんど先を急いでいますので、スピードも出していますし黄信号でも交差点に進入する車も結構います。

 

 乗用車の運転者としては、優先道路を走行しているという意識があったかもしれませんが、見通しの悪い交差点では通学自転車が一時停止を無視して出てきてもおかしくはありません。

 

 見通しの悪い交差点では、優先権を主張しすぎないようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2022.6.21更新)

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

小冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

また事例に関連した設問を設定していますので、チェックすることにより、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかを気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月1日(金)

 

狭い道路では安易に自転車を追い抜かない 猛暑時は歩行者の行動に配慮しよう

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。