車線規制区間では制限スピードを守ろう

写真はイメージです。本文事故とは関係がありません
写真はイメージです。本文事故とは関係がありません

 さる6月2日午前1時20分ごろ、沖縄県宜野座村の沖縄自動車道でダンプカーと軽乗用車が衝突し、軽乗用車に乗っていた女性が死亡する事故がありました。

 

 事故の現場は、2車線のうちの走行車線を道路工事のために規制していて、ダンプカーが工事現場での荷下ろしを終えて、追越車線に出た際に、後ろから走行してきた軽乗用車が衝突したとみられています。

 

 高速道路を走行しているときに、工事のために車線が規制されていることがあり、その区間は安全のために時速50キロに制限されています。この事例の軽乗用車がどれくらいのスピードで走行していたかは分かりませんが、一般的に言って規制速度を守って走行している車は少ないように思います。

 

 工事をしているということは、車線規制内には工事用の車両がいて、仕事を終えた車両が車線規制内から走行が許されている車線に出て来たりします。

 

 そのとき、スピードを落として走行していると、工事車両に追突したり、接触する事故を避けることができますが、スピードを出していると避けることができない場合も出てくると思います。

 

 高速道路の車線規制区間を走行するときは、スピードを落として慎重な運転を心がけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2022.6.27更新)

■高速道路で事故・トラブルに巻き込まれないために

 高速道路では、一般道路に比べると高速で移動するため、ひとたび事故を起こすとその被害は大きなものとなる危険が高くなります。

 

 この冊子では、「高速道路でトラブルに巻き込まれない運転」をテーマに、他車の危険行動への対処法や、自車が安全に走行するための運転行動を解説しています。

 

 高速道路走行時においての、自身の運転の危険度を測るセルフチェックも設けていますので、事業所全体における高速道路での事故撲滅に向けて、運転者教育に最適に一冊です。 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月4日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。