暑い中の運転、無理は禁物です

 さる7月5日、東京都葛飾区内の交差点で、青信号で通過しようとしたクレーン車に右から信号無視の軽乗用車が突っ込んできて出会い頭に衝突し、軽乗用車を運転していた60代の男性が死亡しました。

 

 男性には持病があり、事故の直前に意識を失って交差点に突っ込んできたものとみられています。

 

 近年、こうした意識喪失による健康起因事故が多発しています。その原因としては、病気の管理がうまくいっていなかったり、治療薬を飲み忘れたにも関わらず、運転してしまうようなケースが考えられます。

 

 また、最近の酷暑で体力が落ちているところに運転のストレスが加わって、暑さによる極度の疲労や熱中症などで一時的に意識を失う危険があります。

 

 とくに持病のある人は注意が必要ですから、身体がつらいと感じるときに無理をして運転するのは禁物です。

 

 意識喪失の際の運転状況は様々です。軽い失神程度で、道路外の田んぼに逸脱して意識が回復し軽傷ですむ場合もあれば、交差点で大型車とノーブレーキで衝突したり、歩行者の列に突っ込んでしまう恐れもあるのです。

 

 その日の体調は自分自身しかわかりません。少しでも不安がある場合は運転を控える勇気をもちましょう。

(シンク出版株式会社 2022.7.13更新)

■安全運転・事故防止へ50の提言をまとめた単行本

 本書は金光義弘氏(川崎医療福祉大学名誉教授・NPO法人安全と安心 心のまなびば理事長)が長年の研究と実践で培った知識と経験をもとに、現在の交通問題について50の提言をまとめた1冊です。

 

 提言は、リスクマネジメントや危機管理体制の基本、ストレスや健康管理ミスが交通事故の原因になる仕組み、これからの交通社会を担う子どもの安全教育まで、幅広いジャンルを紹介しています。

 

 交通問題解決の指針に触れることができ、朝礼話題のネタ探しにも活用できる一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月22日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。