発進時に合図を怠ると危険です

 

 先日、路肩から発進するワゴン車が自転車を見落として、危うくひきそうになる場面を反対側の路肩から目撃しました。

 

 その車は、歩道のない片側1車線の道路にハザードランプをつけて停車していたのですが、ぴったり道路脇につけていたので左側が通れず、路肩を進んでいた小学生の自転車が車道側に出て、この車の横を通過しようとしていました。

 このとき、車の前輪が斜め右を向いたので嫌な予感がしました。

 

 すると停車中の車が、ハザードランプをつけたままいきなり発進を始めたのです。

 幸い自転車の小学生は敏捷で、とっさに右側に動いて事故を免れましたが、対向車が来ていたら危ないところでした。

 

 おそらく、車のドライバーは自転車がまだ車の後方にいる間にサイドミラーを見て、後続車が来ていないので大丈夫だろうと思って発進を始めたのでしょう。

 これは事故に結びつく行動です。

 

 本来は発進前にハザードランプを消し、次に右ウインカーを3秒間点滅させて発進の意思表示をして右側方を再度目視で確認してから、発進しなければならなかったはずです。

 

 歩行者や自転車を軽視する意識が、こうした安易な行動に結びつくのだと思います。合図をすることの意味をもう一度よく考えて、発進時も基本行動を守るべきだと強く感じました。

 

(シンク出版株式会社 2022.7.25更新)

■横断歩行者・自転車に対する事故防止小冊子

 近年、交差点などで道路を横断している歩行者や自転車と衝突する事故が多発しています。

 事故の原因は、ドライバーが漫然運転をしていて前方をよく見ていなかったり、安全確認が不十分だったため、発見が遅れるケースがほとんどです。

 

 本冊子は、横断歩行者や自転車を見落とさないために、どこをチェックするかを詳しく解説していますので、事業所での事故削減に効果的な1冊となっています。

  

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月22日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。