PA・SA手前の追突事故に注意

 「0時待ち待機」という言葉を知っていますか?

 

 これは、高速道路の深夜割引を待つため、主に貨物トラックがPA(パーキングエリア)やSA(サービスエリア)に駐停車する様子を示していますが、すぐに満車になるため、PAやSAの入り口手前付近の路上で待機する車両が多いのが現状です。

 

 この0時待ち車に追突する事故が多発しています。

 

 今年4月28日深夜、三重県桑名市にある伊勢湾岸自動車道の「湾岸長島パーキングエリア」の入り口手前の道で、停車していた大型トラックに別のトラックが追突し、追突した車の運転者が死亡する事故が発生しました。

 

 大型トラックが止まっていたのは駐停車が禁止されていたPAに入る道路右側のスペースでした。いつも深夜はこのPAが一杯になるので「入っても駐車できない」と考え、手前の道路に止まっていたそうです。

 

 0時から4時までの間に少しでも高速道路上にいると深夜割引が受けられるので、11時55分などの時間にインターを降りずに(あるいは入らずに)待機する車が激増するのです。

 

 こうした車が不法駐車している実態を認識して、SAなどに入る前は十分な注意をしてください。

 

(シンク出版株式会社 2022.8.2更新)

■高速道路で事故・トラブルに巻き込まれないために

 高速道路では、一般道路に比べると高速で移動するため、ひとたび事故を起こすとその被害は大きなものとなる危険が高くなります。

 

 この冊子では、「高速道路でトラブルに巻き込まれない運転」をテーマに、他車の危険行動への対処法や、自車が安全に走行するための運転行動を解説しています。

 

 高速道路走行時においての、自身の運転の危険度を測るセルフチェックも設けていますので、事業所全体における高速道路での事故撲滅に向けて、運転者教育に最適に一冊です。  

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月22日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。