積荷はしっかりと固縛しておく

 さる8月8日午後0時55分頃、大阪府堺市の道路を走行していたトラックが、積荷のポリタンク(約10キロ)を落下させ、対向車や後ろを走行していたバイクに接触させ、運転者ら3人に重軽傷を負わせる事故がありました。

 

 トラックを運転していた男性はその場から逃げていましたが、13日に自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕されました。

 

 男性は「落とした認識がなく、ひき逃げと言われても納得できない」と容疑を否認しているということですが、対向車のドライブレコーダーには、カーブを走行しているときに、遠心力でポリタンクが落下する様子が映っており、荷物を固縛していなかったかのではないかと思われます。

 

 ご存じのとおり、トラックの荷台に積んだ荷物は、走行中に絶えず荷物を動かす3つの力がかかります。

 一つ目は、発進、制動時にかかる前後の動きです。二つ目は、カーブ走行時にかかる左右の動きです。3つ目は、路面の凸凹による上下の動きです。

 

 ですから、荷物を固縛しないで走行することほど危険なことはありません。積荷は、しっかりと固縛しておくようにしましょう。

(シンク出版 2022.8.17更新)

■重大事故の裁判例からみるドライバーの教訓

 運転者の中には、交通事故を起こしても保険があるからと安易に考えるなど、事故後の悲惨な結末をイメージできない人がいます。

 

 本冊子では、交通事故を起こし重大な結果を招いた裁判例を取り上げ、人生を狂わすような厳罰事例を紹介し、そこから事故の教訓として何を学ぶかを解説しています。

 

 6つの裁判事例から、事故を起こした際の刑罰や賠償額の大きさを知ることで、運転行為の責任の大きさを自覚することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月28日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。