自転車の転倒を予測する意識を持とう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる8月24日午前9時半ごろ、福岡県豊前市の国道10号交差点で自転車に乗った高校2年の男子生徒が、交差点を横断する際に縁石につまづいて転倒し、やってきた大型トラックにはねられ、意識不明の重体となっています。

 

 現場の様子や信号などの関係はわかりませんが、トラックの運転者が自転車の姿を確認したとき、普通にそのまま走って通過することを期待したのだと思います。

 しかし、もし「自転車が転倒するかもしれない」という強い意識があったら、事故を避けることができたかもしれません。

 

 自動車を運転していると、他の車はまっすぐ走る、ブレーキランプをつけて止まる、あるいはウインカーで合図をして曲がるということを繰り返すので、どうしても「突然、予想外の事態になる」という意識を持ちにくくなります。

 

 ところが自転車やバイクなどは、路面の凸凹や操作ミスで簡単に転倒することがあります。滅多に遭遇することはありませんが、転ぶ可能性は常にあります。

 

 自転車は転びやすいということを常に念頭において危険を予測し、転んでも回避できるだけの間隔をあけて走行するように心がけましょう。 

(シンク出版株式会社 2022.8.30更新)

■重大事故の裁判例からみるドライバーの教訓

 ドライバーの中には、交通事故を起こしても保険があるから大丈夫だろうと安易に考えるなど、事故後の悲惨な結末をイメージできない人がいます。

 

 本冊子では、交通事故を起こし重大な結果を招いた裁判例を取り上げ、人生を狂わすような実刑判決を受けたり莫大な損害賠償義務を負った事例を紹介し、そこから事故の教訓として何を学ぶかを解説しています。

 

 6つの裁判事例から、事故を起こした際の刑罰や賠償額の大きさを知ることで、運転行為の責任の大きさを自覚することができます。 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月28日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。