強風時の雨天走行は、スピードを落として慎重に

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる9月19日午前9時ごろ、神奈川県大井町の東名高速道路を走行していた引っ越し途中の普通トラックがガードレールに衝突して横転する事故があり、同乗していた女性が死亡しました。

 

 事故現場は、片側3車線の緩やかな右カーブで、トラックは中央車線を走行中にスリップし、左側のガードレールに衝突したということで、事故当時、雨はやんでいたのですが路面は濡れていました。

 

 スリップした原因は分かりませんが、事故の現場付近は台風の影響でかなりの強風が吹いていたということですから、トラックが横風を受けて車体が流されたりして、慌てて元に戻そうとしてハンドルを切ってスリップしたのかもしれません。

 

 当然のことですが、大雨が降っていれば視界が極端に悪くなりますし、路面もスリップしやすくなります。そこへ強風が加わりますと、とくに車高の高い車は横風の影響を受けてハンドルを取られることも少なくありません。

 

 現在、日本列島は台風シーズンを迎えており、各地で大雨と強風下で運転する機会が増えています。強風時の雨天走行は、慎重なうえにも慎重な運転を心がけるようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2022.9.28更新)

■悪条件下における事故防止をねらいとした小冊子

 小冊子「悪条件下における事故防止のポイント」は、運転中に遭遇する「トンネル」「雨天」「夜間」「渋滞」「堤防道路」「山間部」といった悪条件下における事故防止を狙いとした教育教材です。

 

 各場面で注意すべきポイントを簡潔にまとめていますので、悪条件下における事故防止のポイントを簡単に理解していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月7日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。