車輪止めの外し忘れに気をつけよう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 トラックなどの大型車に乗る人は、駐停車時に輪止め(車輪止め)を使用することが多いと思います。電力会社やガス会社等でも、営業車両を使用する社員に停止時の輪止めを義務づけているところがあります。

 

 傾斜地等で車が動き出すのを防ぐので、安全上から輪止め使用は重要ですが、ごく稀に輪止めの回収を忘れる例があり、車のタイヤが弾き飛ばすと危険です。

 

 さる9月20日午前8時半ごろ、横浜市旭区内でゴミ収集車が右後輪に設置していた輪止めを回収しないまま発進し、乗り上げた反動で輪止め(重さ2~3kg)が弾き飛んで、近くを歩いていた女性(30代)に当たり、女性がスネの骨を折る重傷を負いました。

 

 ゴミ収集車は運転者(60代)と男性助手の2人で作業していて、本来は運転者が回収する役割だったということです。

 

 どんな人でも、急いでいたりすると輪止めを設置したことを忘れて発進してしまうおそれはあります。ですから、写真のような釣り札を用意し、輪止めを設置したときは必ずドアノブなどに掛けるようにして、回収忘れを防ぐように心がけましょう。 

(シンク出版株式会社 2022.9.29更新)

■「2023運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です!

 今年も、「2023トラック運行管理者手帳」と「2023バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 

  カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

2月26日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。