警報が鳴ったら踏切に入らない

 

 さる10月9日午後7時すぎ、栃木市都賀町の東武日光線の踏切で、線路上で立ち往生していた軽乗用車に特急列車が衝突する事故がありました。

 

 軽乗用車を運転していた女性は、衝突前に脱出してケガはありませんでしたが、「警報機が降りてきたので慌ててしまった」と話しているということですので、警報機が鳴っている踏切に進入したのだと思います。

 

 警報機が鳴っても、遮断棒が降りてくるまで少し時間がありますので、その間に何とか通過できるだろうと安易に考えていたのかもしれませんが、この事例のように途中で遮断機が降りてくると、パニックになることも少なくありません。

 

 その結果、遮断機を避けようとハンドルを切り過ぎて脱輪をしたり、エンストを起こしたりすることもあり、踏切内に立ち往生することもあります。

 

 踏切事故を起こさないためには、警報機が鳴り出したら絶対に踏切内に入らないようにすることです。そして、万一遮断棒が降りてきたら、車で遮断棒を押せば上がるようになっていますので、慌てないで押してください。

 最後に、踏切内で動けなくなったら、非常ボタンを押して列車に知らせるようにして、少しでも事故を防止する努力をしてください。

(シンク出版 2022.10.13更新)

■「2023運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です!

 今年も、「2023トラック運行管理者手帳」と「2023バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 

  カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

2月8日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。