坂道でのブレーキ踏みすぎに注意

 

 さる10月13日に静岡県小山町で観光バスが横転し、乗客1人が死亡して26人が重軽傷を負った事故は、警察の調査によりバスのブレーキドラムに焼け焦げたような跡が見つかり、「フェード現象」が起こった可能性があります。

 

 事故現場は富士山五合目から下る長い坂が続く道路で、フットブレーキを使いすぎると、ブレーキが加熱して効きにくくなる「フェード現象」が起こりやすい場所として知られていました。

 

 事故を起こしたバス運転者(26歳)はこの道路を走行するのは初めてだったということです。エンジンブレーキなども使用していたでしょうが、操作が徹底してiいない過程でブレーキが不能となって、のり面に乗り上げて横転したとみられています。

 

 これから行楽シーズンに入り、皆さんもドライブで山道を走行することが多くなると思いますが、坂道を下る場合はなるべくエンジンブレーキで減速し、フットブレーキの使用は最小限に留めるように注意しましょう。大型車の場合は排気ブレーキを積極的に使用してください。

 

 また、エアブレーキの車はブレーキペダルを短時間に何度も踏み込む「バタ踏み」をすると、エアタンクの空気が抜けてブレーキ力が低下することがありますので、坂道ではとくに注意しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2022.10.24更新)

■「2023運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です!

 今年も、「2023トラック運行管理者手帳」と「2023バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 

  カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

2月8日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。