違法駐車が死亡事故を起こすことも

 

 道路に駐車禁止の標識があっても、平気で車を止める運転者が少なくありません。しかし、違法な駐停車は単に迷惑違反というだけでなく、重大事故に結び付く恐れがあります。

 

 さる10月12日午前3時55分ごろ、埼玉県鶴ケ島市の市道で、バイクが駐車中の中型トラックに追突して、弾みで対向車線に飛び出し、対向してきた大型トラックに衝突しました。この事故でバイクを運転していた会社員の男性(51歳)が全身を強く打って死亡しました。

 

 現場は片側1車線の見通しの良い直線道路ですが、駐車禁止となっていました。中型トラックを運転していた男性はトラックの付近で荷物の積み下ろし作業中だったということです。

 

 深夜で道路の見通しが悪く、バイクの運転者は駐車トラックに気がつかなかったと思われます。中型トラックの運転者が駐車禁止の場所を避けて、道路外の空き地などにトラックを止めていれば、バイクの男性が亡くなることはなかったでしょう。

 

 駐車違反と事故の発生に相当因果関係があるとされれば、駐車したトラック運転者も加害者として裁かれ、重い損害賠償責任を負うことになります。安易な違法駐車は避けましょう。

 

(シンク出版株式会社 2022.10.25更新)

■「2023運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です!

 今年も、「2023トラック運行管理者手帳」と「2023バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 

  カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月5日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。