動物との衝突事故に注意しましょう

 

 さる10月26日午後5時前、北海道標茶町の国道でシカとワゴン車が衝突、はずみでワゴン車が対向車線に入ってトラックと正面衝突し、2人が死亡1人が意識不明の重体となる事故が発生しました。

 現場は、片側1車線の緩やかなカーブで、ワゴン車が道路脇から飛び出してきたシカを避けきれなかったとみられています。

 

 秋口から冬にかけては、このように道路に飛び出す動物との事故が増加します。

 哺乳類では秋以降、親離れをして単独行動をする種が多いため、動物と衝突する事故が多発する傾向があります。

 

 また、北海道などでは10月~11月に、シカが夏の生息地から越冬地へ移動を始めて繁殖期に入ります。繁殖期はオスの活動が活発になり事故が多発するとも言われています。

 

 なお、北海道では2021年1月~12月までの1年間に発生したシカが関係する事故は4,009件に上り、前の年よりほぼ500件も増えて5年連続で最多を更新しているため、道警本部では注意を呼びかけています。本土でも、動物との遭遇事故が明らかに増えているという地域があります。

 

 飛び出してきた動物を避けようとして急ブレーキをかけたり急ハンドルを切るのは非常に危険ですが、衝突時に対向車線などに車がきていると今回のような事故につながる危険もあります。

 

 この時期はとくに「動物注意」の標識を見かけたら飛出しの危険を予測し、冷静に対処するように心がけましょう。

(シンク出版株式会社 2022.10.31更新)

■重大事故の裁判例からみるドライバーの教訓

 ドライバーの中には、交通事故を起こしても保険があるから大丈夫だろうと安易に考えるなど、事故後の悲惨な結末をイメージできない人がいます。

 

 本冊子では、交通事故を起こし重大な結果を招いた裁判例を取り上げ、人生を狂わすような実刑判決を受けたり莫大な損害賠償義務を負った事例を紹介し、そこから事故の教訓として何を学ぶかを解説しています。

 

 6つの裁判事例から、事故を起こした際の刑罰や賠償額の大きさを知ることで、運転行為の責任の大きさを自覚することができます。  

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

2月8日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。