夜間の高速道路では本線上に長く留まらない

写真はイメージです。記事とは直接関係ありません。
写真はイメージです。記事とは直接関係ありません。

 さる11月7日午後9時半ごろ、沖縄県豊見城市の那覇空港自動車道で追越車線に停止したキャリアカーから外に出た運転者が、後ろから走行してきた軽乗用車にはねられる事故がありました。

 

 運転者は、キャリアカーのタイヤがパンクしたために、追越車線でハザードランプを点灯させて停止し、三角表示板を後方に設置しようとしたところ、後続車にはねられたということです。

 

 夜間の高速道路では、本線上に留まっていると後続車に追突されるリスクがあり、本線上に停止しないことが重要です。

 タイヤがパンクしたときに、できれば路肩まで車を移動させることを考える必要があります。

 

 以前、前を走行していたトラックが突然バーストし、スピードを落としながら路肩まで走って止まったのを見たことがありますので、まったく不可能ではないと思います。

 

 それが無理なら本線上に止まらざるを得ませんが、後方に三角表示板を置きに行くときには、本線上を歩くのではなく中央分離帯や路肩を歩いていく、また自分を目立たせるために、発炎筒や懐中電灯を振りながら歩くなどの危険防止策を考えなければなりません。

 

 いずれにしても、夜間の高速道路の本線上にいることはとても危険ですので、長い時間本線上にいないようにする方策を考えてください。

(シンク出版 2022.11.14更新)

■一瞬の油断による事故で人生を狂わせないために

 ほんの一瞬の油断であっても、ひとたび人身事故を起こしてしまうと、被害者の受けたダメージによっては、その後の人生を棒に振ってしまうことになりかねません。

 

 本書では、「一瞬の油断」によって起こりやすい事故を6パターン漫画で紹介し、事例ごとに油断に陥る心理背景を解説して理解する構成となっています。

 

 長い期間交通事故を起こしていないドライバーや、運転が自己流になっている運転者におすすめの一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月23日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。