夜間、対向車通過直後の横断者に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる11月5日午後5時半ごろ、愛知県瀬戸市の道路を走行していた軽乗用車が、対向車の通過後に横断してきた高齢歩行者をはねる事故がありました。

 

 事故の現場には横断歩道はなく、事故当時は暗くなっていたということで、軽乗用車を運転していた女性会社員は「対向車の光で見えにくく直前で歩行者に気づいたがはねてしまった」と話しているということです。

 

 夜間、対向車が通過直後に横断してくる歩行者をはねてしまう事故は少なくありません。

 その最大の原因は、この事例のように走行している車の運転者から対向車のヘッドライトの光が眩しくて、その後ろを渡って来る横断歩行者が見えていないことです。

 

 しかも、横断歩道のない場所を渡ってくるわけですから、運転者としては横断歩行者に対する警戒も薄れていると思いますので、発見するのは容易ではありません。

 

 しかしながら、運転者としては事故を起こさないように努力する必要がありますので、対向車のヘッドライトに眩惑されないように直視しないようにして、通過後は右方にも注意を向けるようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2022.11.4更新)

■業務運転での「急ぎ」や「油断」が事故を誘発しています

 業務運転中に生じる「怒り」「焦り」などの感情や「手抜き・省略」「慣れ・油断」などからくる運転行動は安全運転にとって大敵です。

 

 また、一日の業務運転の流れのなかで、運転場面によって注意すべきポイントは異なります。

 

 このテストは、業務運転での運転行動や自分の感情を思い起こし、質問に「ハイ」「イイエ」で答えることで、どのような危険要因によって事故に結びつく恐れがあるかを知ることができるテストです。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

2月8日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。