エンジンルーム内の猫に注意

 車のエンジンをかけたときに、エンジンルーム内から猫が逃げ出した経験はありませんか?

 

 猫は、寒い冬に暖かい場所を求めてエンジンルームに入り込むと思われがちですが、JAFには1年を通して猫がクルマに入り込むトラブルの救援要請があるそうで、1年を通して警戒が必要です。

 

 猫が入り込んでいるのにエンジンをかけてしまうと、エンジンベルトに猫が巻き込まれて猫の命が危険にさらされることがありますし、車の故障にもつながってしまいます。

 

 猫の命を守り、車の故障を防ぐためにも、乗車前にエンジンルームを軽く叩くようにしてください。また、車の下に猫が潜んでいることもあり、クラクションを鳴らすことも効果があると言われています。

 

 この音に驚いて、警戒心の強い猫はエンジンルームから出て行ったり、鳴き声を上げたりしますが、万全ではありません。ボンネットを叩いたあとなど、猫の声や気配を感じたらボンネットを開けて中まで確認してください。

 

 日常的に猫を見かけるような駐車場に車を止めている場合には、市販されている猫避けグッズや臭いなどで近づけさせない薬剤などを使う方法も考えてましょう。

 

(シンク出版株式会社 2022.11.30更新)

■「2023運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です!

 今年も、「2023トラック運行管理者手帳」と「2023バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 

  カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

2月8日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。