風邪気味を軽視しないでください

はとバスのハイヤー追突死亡事故

 

 12月に入って、急に気温が低くなってきました。「少し風邪気味だ」という人もいるのではないかと思いますが、たかが風邪だと油断しないでください。

 

 今年の冬は、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザの同時流行が懸念されていますので、突然に高い熱が出る人が増えるかもしれません。

 

 今から3年前(2019年)の12月4日、東京都新宿区の交差点でツアー運行中の観光バスが、路肩で停止していたハイヤーに追突し、トランクを開けて作業をしていた52歳のハイヤー運転者が死亡する事故が起こりました。

 

 バスの運転者(37歳)は38℃以上の熱があり、事故当時は意識がもうろうとした状態で、病院でインフルエンザに罹患していると診断されました。本人は、前夜から風邪気味で漢方薬等を服用していましたが、インフルエンザという自覚はなかったとのことです。

 

 インフルエンザなど流行性の風邪は突然に体温が上昇し、重症化する危険があります。

 少しぐらいなら大丈夫だろうと軽く考えないで、体調が思わしくないと感じるときは、運転を控える勇気をもってください。

(シンク出版株式会社 2022.12.5更新)

■バス運転者のための指導・監督用ツール

バス事業者、指導・監督の指針

 「バス運行管理者のための指導・監督ツール」は、運転者に指導する際の資料として、わかりやすく解説した「運転者用資料」を39枚収録した指導教材です。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転のポイントを漫画とイラストで具体的に解説し、3つのキーワードで印象づける内容です。

 点呼時やドライバーミーティングなどの短い時間でも、運行上の危険や安全運転ポイントを指導することができます。

 

 一般バス事業者のための指導・監督指針11項目と貸切バス事業者向け2項目の指針全13項目に準拠し、教育記録簿用紙も添付しています。 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

2月8日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。