駐車場内の歩行者に注意しよう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる12月10日、午後2時50分頃、岡山県にある商業施設の駐車場で、歩いていた歩行者が乗用車にはねられ、死亡する事故が発生しました。警察によると、容疑者は買い物を終え、駐車枠から車を発進させたところだったということです。

 

 駐車場内は、多数の車と歩行者が交錯する非常に危険な場所であるため、さまざまなことに注意が必要です。

 

 まずは駐車場内を走行する際、駐車車両や柱等の構造物が生み出す死角の存在を意識して、歩行者等の飛出しを予測しましょう。

 

 また、駐車する際は、慌てず、落ち着いてアクセル・ブレーキを操作してください。「カートに気づかずぶつかった」ということがないように、後退する前に駐車スペースの安全確認を行うことも重要です。

 

 同様に、駐車枠から車を出す際にも、周囲に歩行者等がいないかを確認しましょう。

 このほか、駐車場が示した制限速度や進行方向等、構内ルールを遵守してください。

 

 12月に入り、商業施設はますます混雑することが予想されます。普段以上に慎重に運転することで、事故防止に努めましょう。

(シンク出版株式会社 2022.12.14更新)

■バック事故防止対策には最適の小冊子です

 小冊子「自分で気づこうバック事故の危険【改訂新版】」は、バックする時の自身の運転をチェックすることによって、具体的な危険に気づくことのできる、ドライバーのためのバック事故防止教育教材です。


 改訂版では、従来の4場面に新たに「狭路へのバック」「道路端に駐車する際のバック」の2場面を加えました。計6場面のイラストを見ながら、5つの質問にハイ・イイエで答えるだけで、バック時における自身の危険性に気づくことができます。

 巻末には付録として「バック事故を防止するための具体的方策」を掲載しています。バック事故を防ぐための対策を考える際のヒントとしてご活用ください。 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

2月8日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。