年末年始の大雪を警戒しましょう

 今年もあと3日となりました。今冬は12月から強い冬型の気圧配置に見舞われて、各地で真冬並みの大雪が降り、四国や九州でさえ立ち往生事故が発生しましたが、12月29日から、また強い寒気が流れ込む模様です。

 

 年末年始に車による帰省を考えている皆さんは、大雪に見舞われる危険を予測して、十分な準備をして出かけてください。

 帰省ラッシュと大雪が重なると大規模な立ち往生が発生し、車のなかで一晩を過ごすといった事態になりかねません。

 

 北陸では、車の中で待機中の人が排気ガスによる一酸化炭素中毒で死亡する事故も発生しています。立ち往生時にはなるべくエンジンを止めるほうがよく、防寒具などの準備が必要です。

 

 また、ときどき車の周りの雪をかくための雪用スコップやスノーブラシ、長靴、雪用軍手などを持っていくことが大切です。

 長時間の待機に備え、空腹をしのぐための非常食や水分、持病のある人は予備の服用薬、携帯電話用の非常用バッテリーなども積んでおきましょう。また、携帯やタブレットは車が走行している間にまめに充電しておくなどの配慮も重要です。

 

 備えがあれば大雪時にもうろたえることなく冷静に対処できるので、ぜひ気をつけて準備してください。

(シンク出版株式会社 2022.12.29更新)

■雪道・凍結道の事故を防止しましょう

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

1月30日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。