危険な抜け道は通行しない

 さる1月12日午後1時20分ごろ、島根県大田市内の小学校敷地内の道路を走行していた軽乗用車が、小学2年生の男児2人をはねて重軽傷を負わせる事故がありました。

 

 軽乗用車を運転していた男性は「子どもに気づいて急ブレーキをかけたが、間に合わなかった」と話しているということです。

 

 なぜ、小学校内に道路があるのか不思議に思いますが、この道路は学校が出来る前から生活道路として使われており、学校近くの民家と国道の抜け道となっていて、地域の車の通行が黙認されている状態だったということです。

 

 小学校内の道路ほど危険ではないかもしれませんが、抜け道に使われている道路の中には、相当危険な道路があります。

 

 わずかな時間短縮のためにその危険な道路を走行するのか、時間がかかっても安全な道路を走行するのかは、運転する人の危険に対する感受性にかかっていると思います。

 

 簡単に言えば、危険感受性が低い人ほど危険な道路を選択して走行する訳ですから、子どもの飛出しなどの危険を予測して対処できる可能性は低くなります。

 ほとんどの抜け道は、多くの危険が潜んでいますので、できるだけ通行しないようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.1.17更新)

■重大事故の裁判例からみるドライバーの教訓

 ドライバーの中には、交通事故を起こしても保険があるから大丈夫だろうと安易に考えるなど、事故後の悲惨な結末をイメージできない人がいます。

 

 本冊子では、交通事故を起こし重大な結果を招いた裁判例を取り上げ、人生を狂わすような実刑判決を受けたり莫大な損害賠償義務を負った事例を紹介し、そこから事故の教訓として何を学ぶかを解説しています。

 

 6つの裁判事例から、事故を起こした際の刑罰や賠償額の大きさを知ることで、運転行為の責任の大きさを自覚することができます。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

1月30日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。