除雪作業現場の通行に注意しましょう

除雪車周辺の事故
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 

 今年の冬が本格化したようです。

 日本海側や山間部だけでなく、太平洋側の平野部でも雪に見舞われる地域があるという予報ですので、通行には十分に注意しましょう。

 

 自車がスリップする危険を防ぐだけでなく、除雪作業が必要となる場所が出てくることを予測し、そうした状況での走行にも気をつけてください。

 

 さる1月20日の早朝午前4時すぎ、北海道小樽市の道路で、除雪車の作業にあわせて通行する車の誘導をしていた50代の男性が、軽乗用車にはねられ重傷を負う事故が発生しました。

 

 現場は片側1車線の緩い坂道で、警察は軽乗用車を運転していた40代の男性から事情を聞いていますが、男性が除雪車の近くに人がいることを予測せず前方をしっかりと確認しないで走行したと思われます。

 過去には、後退する除雪車が歩行者や自転車に衝突する事故なども各地で起こっています。

 

 除雪車の運転者や誘導をする人は、プロの熟練者とは限らず、地域のボランティアということもあり得ますので、除雪車を見かけたら周囲に注意し、速度を落として通行するようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.1.23更新)

■雪道・凍結道の事故を防止しましょう

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導する際に最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

 事故事例や冬道の注意ポイントを豊富な写真とイラストで紹介していますので、初心者はもちろん、冬道に慣れている方にもわかりやすいと好評です。

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

1月30日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。