「くしゃみ」でも事故の原因になる

 

 今年は、スギ花粉が過去10年間で最大の飛散量と予測されていて、今まで症状がなかった人でも、突然に花粉症のアレルギー症状が出る恐れがあるそうです。

 

 ここ2~3年、花粉症の症状が軽いという人が多かったようで、コロナ禍で常にマスクをしていたことも幸いしていました。3月13日からマスクを外そうという人がいるでしょうが、どうも鼻がムズムズすると感じたらマスクや予防薬の用意を忘れないようにしましょう。

 

 さる3月1日、大阪市生野区の国道で逆走した乗用車が病院の外壁に突っ込み、高齢の女性2人が死亡した事故で、逮捕された運転者(71歳)者が「現場手前でくしゃみをして一瞬、気が遠くなった」と供述していることがわかりました。

 

 強いくしゃみ等で、一瞬前が見られなくなることがあり、ひどいときは意識がもうろうとすることも考えられるそうです。1~2秒でも前を見ていないと、時速60キロ走行では車は16m~32m走行するので、大きな交差点を通過してしまったり歩行者を見落としたりすることがあります。

 

 たかが花粉症と軽視しないで、症状がひどいときは運転を控えるなど注意しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.3.8更新)

■一瞬の油断で人生を棒にふらないために

 ほんの一瞬の油断であっても、ひとたび人身事故を起こしてしまうと、被害者の受けたダメージによっては、その後の人生を棒に振ってしまうことになりかねません。

 

 本書では、「一瞬の油断」によって起こりやすい事故を6パターン漫画で紹介し、事例ごとに油断に陥る心理背景を解説して理解する構成となっています。

 

 長い期間交通事故を起こしていないドライバーや、運転が自己流になっている運転者におすすめの一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月14日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。