バスの直前に割り込むと車内事故が起こります

 さる3月15日京都市内の交差点で、路線バスが前方に進路変更してきたタクシーを避けようとして急ブレーキを踏み、乗客の女性4名が転倒して怪我を負いました。

 

 結局バスとタクシーは接触しましたが、タクシーに大きな被害はありませんでした。

 

 この事故で、45歳の女性が後頭部挫創を負い、19歳、57歳、60歳の女性が軽傷を負って病院に搬送されています。

 

 現場付近でバスは左側の優先通行帯を走行していたため、タクシーの進路変更に問題があったと思われます。

 

 路線バスは空車でない限り、車内事故を防ぐため極力急ブレーキを踏むことができない状況で走行しています。このため、急な進路変更などにあうと、衝突を避けようとしても乗用車同士のような素早い停止行動は難しくなります。

 

 急ブレーキを踏まないためにバスは前車との車間距離をとって走行していることが多いので、並走している車にとっては、「そこへ進路変更できるかもしれない」という誘惑が発生します。

 

 しかし、バスが加速することもありますので、そのようなタイミングで進路変更すると、車内事故を誘発しやすくなります。バスがゆっくり走行していて簡単に進路変更できるように感じても、バスの前に入るのは危険です。

 

 進路変更が必要な場合は、必ず、バスの後方に入るように心がけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.3.22更新)

■変化してきた交通情勢に対応し安全運転を心がけよう

 近年、スマートフォンの急速な普及や自転車によるフードデリバリー需要の広がり、高齢者の増加、急激な気象状況の変化など、交通環境を取り巻く情勢が大きく変化してきています。

 

 ドライバーは、このような複雑化している交通環境を頭に入れてハンドルを握らないと、思わぬ事故を招くことがあります。

 

 本冊子では、ドライバーが把握しておくべき交通情勢の変化や危険性を紹介し、また、実際に該当場面に遭遇した際の事故防止のポイントを解説しています。この1冊で昨今の交通情勢の危険を認識できる構成となっています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月17日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。