運転後の車内確認を徹底しよう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる3月18日午後1時ごろ、東広島市の市立小学校のスクールバスで、児童1人が車内に置き去りにされたと東広島市が発表しました。

 

 同市によると、運転手は通常、児童がバスを降りた後、確認を行うことになっているが、この日は確認をしていなかったといいます。

 

 同様の事案が多発し、命まで奪われている中、このような事案が発生していることは非常に残念です。

 

 運転(行)後の車内確認は、スクールバスに限らず、バスやタクシー等においても多くの事業所が社内ルールとして定めているはずです。同様に、トラックや社有車等においても、車内に忘れ物等がないかどうかを確認するなどのルールを定めている事業所も少なくないでしょう。

 

 「面倒くさい」「忙しくて時間がない」等の理由で車内の確認を怠ると、最悪の場合、命を失ってしまうことも考えられます。

 

 「決められたルールは必ず守る」という基本にもう一度立ち戻り、車内の確認は確実に実施していきましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.3.24更新)

■変化してきた交通情勢に対応し安全運転を心がけよう

 近年、スマートフォンの急速な普及や自転車によるフードデリバリー需要の広がり、高齢者の増加、急激な気象状況の変化など、交通環境を取り巻く情勢が大きく変化してきています。

 

 ドライバーは、このような複雑化している交通環境を頭に入れてハンドルを握らないと、思わぬ事故を招くことがあります。

 

 本冊子では、ドライバーが把握しておくべき交通情勢の変化や危険性を紹介し、また、実際に該当場面に遭遇した際の事故防止のポイントを解説しています。この1冊で昨今の交通情勢の危険を認識できる構成となっています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

2月26日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。