タイヤの空気圧点検をしていますか

 ご存知ですか?明日8日は「タイヤの日」です。

 日本タイヤ協会が8=輪(タイヤ)のイメージから4月8日としたもので、タイヤの正しい使用と管理方法を啓発しています。

 

 同協会が毎年力を入れているキャンペーンの一つが、タイヤの整備不良が多いため、空気圧不足や偏摩耗の危険をアピールすることです。

 

 ちなみに、同協会が2022年に全国で実施した路上タイヤ点検によると、点検車両のうちタイヤの整備不良があった車は27.3%もありました。4台に1台は整備不良のタイヤで走行していることになります。

 

 不良率の第1位は「空気圧不足」で20.1%、次いで「偏摩耗」3.5%、「タイヤ溝不足」1.2%の順となっています。とくに、空気圧不足は高速道路でのバースト事故などの原因となります。

 

 タイヤの空気圧は自然に低下しますので、ときどき点検していないと危険です。ですから、皆さんも月に1回はタイヤの空気圧をチェックしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.4.7更新)

■変化してきた交通情勢に対応し安全運転を心がけよう

 近年、スマートフォンの急速な普及や自転車によるフードデリバリー需要の広がり、高齢者の増加、急激な気象状況の変化など、交通環境を取り巻く情勢が大きく変化してきています。

 

 ドライバーは、このような複雑化している交通環境を頭に入れてハンドルを握らないと、思わぬ事故を招くことがあります。

 

 本冊子では、ドライバーが把握しておくべき交通情勢の変化や危険性を紹介し、また、実際に該当場面に遭遇した際の事故防止のポイントを解説しています。この1冊で昨今の交通情勢の危険を認識できる構成となっています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月23日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。