自転車でも飲酒運転は厳禁です

 先日、愛知県職員が自転車の飲酒運転で人身事故を起こしたとして、減給の懲戒処分を受けたという報道がありました。

 

 この男性職員は、東京の全国都道府県議会議長会に派遣中で、昨年9月に東京都内で酒を飲んだ後、自転車で30代の女性に衝突してケガをさせたとして、重過失致傷の疑いで書類送検されていました。

 

 職員は、飲食店を3軒はしごし、ビールやハイボールなど10杯近い酒を飲んでいたということですから、かなり酔っ払っていたのではないかと思います。

 

 「自転車だから飲酒運転をしても大丈夫だ」と思っている人が少なくありませんが、その背景にあるのは罰則が適用されないと勘違いしていることにあります。

 

 確かに、自転車の飲酒運転は「酒気帯び運転」については罰則が適用されませんが、正常な運転ができないほど飲酒した場合に適用される「酒酔い運転」には、車と同様の罰則が適用されますので、まったく罰則が適用されないわけではありません。

 

 酒を飲んでも自転車なら乗ってもよいと考えている人は、その考えをすぐに改めるようにしてください。

(シンク出版株式会社 2023.4.13更新)

■自転車利用者のための「安全運転」自己チェックテスト

 自転車の運転に免許証は必要ありませんが、そのため、交通ルール・マナーを十分に理解しないまま危険な運転をしている人が後をたちません。

 

 このテストは日頃の自転車の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えることで、普段どれぐらい自転車を安全に運転できているかを簡単に知ることができるテストです。

 

 診断結果をみて反省することで、日々の自転車の安全運転に活かすことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月13日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。