運転代行を必ず利用しよう

 各地で飲酒運転による逮捕者が出ています。歓送迎会シーズンということもありますので、皆さんの事業所におかれては、今一度、飲酒運転の防止を徹底してください。

 

 事業所で宴会等を実施する際には、必ず参加する交通手段を確認して、可能な限り、車では参加しないようにさせましょう。

 どうしても車で参加しなければならない人に対しては、必ず運転代行を利用させてください。

 「駐車場で仮眠をとったら大丈夫」と考え、少し休んだのち運転をした結果、飲酒運転となるケースも多発しているため、運転代行の利用は徹底させましょう。

 

 飲酒運転は、「少しくらいなら大丈夫」という甘い考えから行っている者も少なくありません。飲酒運転を行った者に対しては毅然とした態度で応対し、厳しい処分が下ることを周知しておきましょう。 

(シンク出版株式会社 2023.4.14更新)

■安全運転管理者のための「酒気帯び確認の手引」好評発売中

 道路交通法施行規則の改正(2022年4月1日)により、新たに安全運転管理者の業務として、運転前・運転後の「酒気帯び有無」の確認とその記録、記録の保存、並びにアルコール検知器を使用したチェックが義務づけられました。

 

 2021年6月の千葉県八街市における白ナンバートラックによる飲酒死傷事故が大きな社会的問題となり、飲酒運転根絶に向けた取組みとして位置づけられたのです。

 

 本冊子は、運転者の酒気帯び確認をする方法についてイラスト入りでわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

4月19日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。