生活道路では時速30キロ以下で走行しよう

 ヨーロッパでは、市内走行を時速30キロ以下から20キロ以下に規制する動きが広まっています。

 このほど外電で、フィンランドの首都ヘルシンキが全域30キロ規制を採用したところ、2021年に年間の歩行者関連の死亡事故がゼロ件になったという話題を伝えていました。

 

 パリやベルギーのブリュッセルでも30キロ以下規制が採用されています。

 

 速度規制の大きな理由は、人と車が30キロで衝突した場合に、10人に1人の割合で重傷化する一方で、50キロで衝突した場合は、半数の歩行者が重傷化すると報告されているからです。

 もちろん、都市重要路線は除外して、50キロ走行などができる国が一般的ですが、歩行者事故を減らそうという強い意思が感じられます。

 

 日本では一般道路でも実勢速度との乖離(かいり)を小さくするため、規制速度を上げる動きがみられていて、EU諸国とは大きく状況が異なっています。

 

 しかしわれわれドライバーは、片側1車線程度の生活道路では、規制標識がなくても時速30キロ程度に落として歩行者を守ることを心がけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.4.17更新)

■横断歩行者・自転車に対する事故防止小冊子

 近年、交差点などで道路を横断している歩行者や自転車と衝突する事故が多発しています。

 

 事故の原因は、ドライバーが漫然運転をしていて前方をよく見ていなかったり、安全確認が不十分だったため、発見が遅れるケースがほとんどです。また、歩行者が止まるものと思い込み、横断歩道手前で全く警戒しないために発生する事故もあります。

 

 本冊子は、横断歩行者や自転車を見落とさないために、どこをチェックするかを詳しく解説していますので、事業所での事故削減に効果的な1冊となっています。  

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

4月22日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。