ホイールナットの増し締めを忘れずに

写真はイメージです
写真はイメージです

 一部の地域を除いては積雪の心配もなくなり、スタッドレスタイヤから夏用タイヤへの履き替えも進んできたのではないでしょうか。

 

 タイヤを履き替えた直後は、走行による初期なじみによってホイールの締め付け力が低下します。

 

 そのため、50キロ~100キロ走行を目安に、できるだけ早い時期に、タイヤのホイールナットが規定トルクで締まっているかをチェックし、ホイールナットの増し締めを行いましょう。とくに、大型車はチェックが重要です。

 

 また、タイヤの脱落を防止するためには、日頃の点検が欠かせません。

 つい先日、走行中にダンプカーから外れたタイヤが歩行者に当たり重傷を負わせた事故で、ナットの増し締めや点検を怠ったなどとして運転者が略式起訴されています。

 

 ホイルナットの増し締め、確実な点検の徹底で、タイヤの脱落事故を防止しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.4.25更新)

■運行管理用DVD 「一人でできる日常点検」

 トラック運送事業者は、常に安全で確実な輸送が求められています。もし、日常点検を怠って、運行途中で故障などを起こすと会社の信用失墜や大きな事故のリスクが高まります。

 

 安全で確実な輸送のためにも、また、排気ガスの増大による環境悪化や燃費・整備コストの増大を防ぐためにも、毎日の点検を欠かすことはできません。

 

 本DVDでは、日常点検を効率的かつ確実に行うことができる方法を紹介しています。一人でできて、短時間で終わるので、毎日無理なく実行できる方法を理解していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。