ETCレーンでバーが開かなかった場合の対処法

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる4月19日午前8時前、東九州自動車道の大分インター入口で、ETCレーンに誤って進入したトラックが進路を変更するために後退したところ、後ろの停まっていたバスに衝突する事故が発生しました。

 

 ETCレーンに誤って進入しまったり、カードの挿入し忘れるなど、何らかの理由で開閉バーが開かなかった場合、まずはバーに接触しないように停止します。その後は、駆けつけてきた係員や、インターホンから聞こえる指示に従いましょう。

 

 バーが開かないからといって、慌てて後退することは非常に危険であるため、絶対にやめましょう。

 

 このほか、ETCレーンに進入する際には、バーが開かない場合や前車が停止することを想定し、定められた速度(時速20キロ以下)を守って通過しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.4.26更新)

■高速道路で事故・トラブルに巻き込まれないために

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

4月22日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。