停止表示器材、車に積んでいますか?

写真はイメージです
写真はイメージです

 突然ですが、皆さんの車には「三角停止表示板」や「停止表示灯」などの、停止表示器材を積んでいますか?

 

 高速道路では、故障などの理由により車が動かなくなり本線車道や路肩等に停止したときは、発炎筒、停止表示板または停止表示灯を後続車から見やすい位置に設置しなければなりません。これに違反した場合、「故障車両表示義務違反」として罰せられます。

 

 ここで注意したいのが、停止表示器材は表示義務であり、携帯義務ではないことです。そのため、車に停止表示器材が積まれていないこともあります。

 

 まずは、運転する車に停止表示器材が積まれているのかどうか、また、積まれている場合はその保管場所を確認しておきましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.5.30更新)

■待望のドライバー教育ツール“第5弾”発刊

 本書は、トラック運送事業の運行管理者の皆さんに広く活用され、指導・監督の指針に沿った教育が効果的に実施できると好評の「運行管理者のためのドライバー教育ツール」の第5弾です。

 

 国土交通省告示「貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」の12項目に準拠した内容になっています。 

 また、PART5では、各項目の管理者用資料がこれまでの1ページから3ページへの増量となり、さらに深く、役立つ情報をお届けすることで、より効果的なドライバー教育を実現することができます。

 

 イラストとキーワードを中心に読みやすく編集していますので、ドライバーミーティングの際や、点呼時などの短時間でもご活用いただけます。 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

4月17日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。