駐車場内では歩行者の動きに注意しよう

写真はイメージです
写真はイメージです

 車を運転していてショッピングセンターなどの駐車場を走行しているときに、駐車スペースを探していたところ、駐車車両の間から出てきた歩行者と衝突しそうになったり、駐車スペースにバックで入れようとしたところ、車の後ろを歩行者が横切ってきて、接触しそうになった人は多いと思います。

 

 こうしたヒヤリ・ハットの背景にあるのは、駐車スペースを探したり、スペースに入れようとしているときには、空きスペースことばかりが気になって、その周辺にいる歩行者の動きなどがあまり見ていないことがあります。

 

 また、駐車場内ということもあり、車の運転者も歩行者のほうも油断しており、他者(車)の動きにあまり注意していないことも要因の一つになっています。

 

 もう一つは、駐車場内でスピードを出し過ぎているという問題もあります。スピードを出せば出すほど、歩行者の発見が遅れますし、発見しても避けることが難しくなるからです。

 

 駐車場内では、歩くようなスピードで運転するとともに、周りの状況にも気を配って運転するようにしてください。

(シンク出版株式会社 2023.6.15更新)

■「駐車場・構内」における危険に気づくための小冊子

 駐車場や構内では思わぬ事故が発生することがあります。

 

 駐車場などでは、「見える危険」だけでなく「見えない危険」も予測して運転することで、事故のリスクを減らすことができます。

 

 本冊子は、駐車場や構内の倉庫といった5つの場面を見て質問に答えることで、それぞれの駐車場・構内において「見える危険」「見えない危険」をどれだけ把握できているかがチェックできます。また、自分自身の運転の危険性についても気づくことができる教育教材です。

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

2月26日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。