モバイルバッテリーを車内に放置しない

写真はイメージです。
写真はイメージです。

 外出時にスマートフォン等を充電できるモバイルバッテリーは、今や欠かすことのできないものになってきました。皆さんの中にも、持ち歩いている人は多いのではないでしょうか。

 

 便利なモバイルバッテリーですが、先日、独立行政法人「製品評価技術基盤機構(nite)」から気になる注意喚起が行われました。

 

 それは、モバイルバッテリーには使用にあたって動作温度が定められおり、高温になるような場所では、熱の影響によって異常な反応が起きて破裂・発火するおそれがあるということです。

 

 これからの季節、炎天下に駐車した車内の温度は、あっという間に高温になります。そのため、うっかりモバイルバッテリーを車内に放置してしまうと、火災が発生する危険があります。

 

 夏場の車内には、モバイルバッテリーをはじめ、冷却スプレーなど、高温下での使用や保管が禁止されているものを放置しないように注意してください。

 

(シンク出版株式会社 2023.7.3更新)

■変化してきた交通情勢に対応しよう

 近年、スマートフォンの急速な普及や自転車によるフードデリバリー需要の広がり、高齢者の増加、急激な気象状況の変化など、交通環境を取り巻く情勢が大きく変化してきています。

 

 ドライバーは、このような複雑化している交通環境を頭に入れてハンドルを握らないと、思わぬ事故を招くことがあります。

 

 本冊子では、ドライバーが把握しておくべき交通情勢の変化や危険性を紹介し、また、実際に該当場面に遭遇した際の事故防止のポイントを解説しています。この1冊で昨今の交通情勢の危険を認識できる構成となっています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月16日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。