きちんと一時停止をしていますか?

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 交通違反で検挙される人は多いと思いますが、いちばん件数が多い違反は何かご存じでしょうか?

 

 令和4年に最も件数が多かった交通違反は「一時不停止」で、約146万6千件でした。

 1年間の検挙総数は614万件ですので、3割弱が「一時不停止」が占めていることになります。

 

 住宅街などを走行していると、交差点などの一時停止箇所で、一時停止をせずに少しスピードを落としただけで通過していく車が少なくありません。

 

 こうした運転をするドライバーは、一時停止の標識があるので申し訳程度にスピードを落としているだけであり、一時停止をして交差道路の安全確認をするという意識が欠けているように思います。

 

 言うまでもありませんが、一時停止は徐行程度のスピードに落とすことではなく、タイヤの回転を完全に停止させて左右の安全確認を行うことが基本です。

 

 一時停止箇所で、スピードを落としただけで通過するような運転は絶対にやめてください。

 

(シンク出版株式会社 2023.7.13更新)

■二輪車との事故防止に有効な教育教材

小冊子「突然現れる二輪車を見落とすな」は、一旦事故を起こすと重大事故になりがちな二輪車とのアクシデント防止のための教育教材です。

 

二輪車との事故事例を6つ取り上げており、事故の原因となった四輪運転者の意識と、二輪運転者の意識のギャップに焦点を当て、事故防止のアドバイスを掲載しています。

 

一旦事故を起こすと重大事故になりがちな二輪車事故を、本教材を活用して防止してください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

2月26日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。