雨の日は靴が濡れて滑りやすいので注意しよう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる7月10日午前10時50分ごろ、熊本市東区にある洋菓子店の駐車場に止めようとした軽自動車が、ブレーキ操作を誤って店舗の正面に突っ込む事故がありました。

 

 運転していた女性は、「足が滑ってアクセルとブレーキを踏み間違えた」と話していることから、雨で靴が滑ってペダルを踏み間違えたとみられています。

 

 雨の日に運転するうえで、いくつか注意すべきポイントがあるのですが、その一つが靴の裏が濡れていると滑りやすく、ブレーキペダルを踏んだところ滑って踏み外し、誤ってアクセルペダルを踏んでしまうことです。

 

 靴底の素材や形状によっては滑りやすいものがありますので、雨の日に運転する場合には、できるだけ滑りにくい靴を選択する必要があります。

 

 また、濡れた路面を歩いてから車に乗り込む場合には、運転する前に運転席のフロアに敷いてあるマットで靴の裏を拭いたりすることも重要です。

 

 さらに、日頃からブレーキペダルの端を踏んでいると、雨の日に足が滑ってアクセルを踏む危険性がありますので、ペダルの中央を踏むことを意識しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.7.19更新)

■ヒューマンエラーの危険度をチェックして事故を防止しよう

  運転中の「ヒューマンエラー」は、事故に直結する危険が非常に高いため避けなければいけません。

 

 事故診断テスト「事故を防ぐヒューマンエラー危険度診断」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくことで、「手抜き行動」「思い込み・錯覚」などの6つの危険度のうち、自身がどのようなヒューマンエラーを起こしやすいかを診断することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。