運転中に落ちた物を拾うのは危険

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる8月1日午後4時前ごろ、京都市下京区を走行していた3トントラックが、商店街のアーケードの支柱に突っ込み、トラックが燃える事故がありました。

 

 トラックを運転していた男性は、「走行中に運転席にあった物が落ちて、それを拾おうとしてハンドル操作を誤った」と供述しているということです。

 

 車を運転するほとんどの人は、運転中にダッシュボードに置いていた書類や、助手席に置いていたカバンなどが落ちたり、あるいは落ちそうになったりした経験があると思います。

 

 そうしたときの人間の心理としては、とっさに手を出したり、拾おうとするのですが、たいていの場合は落ちたものが運転に影響することは少なく、慌てて手を出したりする必要がないものばかりです。

 

 ですから、運転中に物が落ちても慌てて手を出したりしないで、安全な場所に停止してから拾うようにすることが重要です。

 

 もっとも、物が落ちるような場所に書類などを置かないようにすることが大前提です。書類などはダッシュボードの上などに置かずカバンに入れるなど、走行中に落ちないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2023.8.8更新)

 

■ヒューマンエラーの危険度をチェックして事故を防止しよう

 運転中の「ヒューマンエラー」は、事故に直結する危険が非常に高いため避けなければいけません。

 

 事故診断テスト「事故を防ぐヒューマンエラー危険度診断」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくことで、「手抜き行動」「思い込み・錯覚」などの6つの危険度のうち、自身がどのようなヒューマンエラーを起こしやすいかを診断することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月16日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。