接触していなくてもバイクを転倒させたら救助を

 さる7月29日午後7時過ぎ、神戸市北区の道路を走行していたバイクが、道路脇にある店舗の駐車場から出てきた乗用車に気づき、避けようとして転倒し、運転していた男性は左手を骨折するなどの重傷を負いましたが、乗用車はそのまま走り去りました。

 

 警察では、バイクと乗用車は接触していませんが、乗用車の行動がバイクの転倒につながったとみて、救護をせずに走り去った乗用車を「ひき逃げ」の疑いで、行方を追っています。

 

 乗用車を運転しているドライバーとしては、バイクと接触もしていないし、自分の運転とバイクの転倒とは関係がないと考えて、現場から立ち去ったのかも知れません。

 

 しかし、道路交通法には「交通事故が発生したとき、運転者は直ちに車両等の運転を停止して負傷者を救護するなど、必要な措置をとらなければならない」と定められています。

 

 ですから、バイクと接触してなくても、バイクの直前を通過してバイクが急ブレーキをかけて転倒した場合など、現場から立ち去る行為は、救護義務違反(ひき逃げ)に当たることがあります。

 

 自分の運転がバイクの転倒に影響を与えたかどうか分からない場合でも、必ず警察に報告してください。

 

(シンク出版株式会社 2023.8.10更新)

■二輪車との事故防止に有効な教育教材

小冊子「突然現れる二輪車を見落とすな」は、一旦事故を起こすと重大事故になりがちな二輪車とのアクシデント防止のための教育教材です。

 

二輪車との事故事例を6つ取り上げており、事故の原因となった四輪運転者の意識と、二輪運転者の意識のギャップに焦点を当て、事故防止のアドバイスを掲載しています。

 

一旦事故を起こすと重大事故になりがちな二輪車事故を、本教材を活用して防止してください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。