運転中の挙手・会釈の危険を再認識しよう

 ここ数日、バスドライバーによる運転中の挙手や会釈の危険が、ニュースなどで取り沙汰されています。

 

 これは、バスがすれ違う際に、手を挙げたり、会釈するなどして挨拶することを問題視するものです。

 

 乗務中に同僚が運転するバスを見かけた際にはうれしくなって、つい手を挙げてしまったり、「誰が運転しているのだろう」と確認したくなるものです。

 

 しかし、運転中に車の前方から視線を外すことは「わき見」となり、最悪の場合、事故を起こすおそれがある危険な行為でもあります。

 

 昔の話にはなりますが、編集子が以前、勤めていたバス会社においても、事故をきっかけに挙手は「禁止」されました。

 

 今回は、バスドライバーだけが取り上げられていますが、トラックや社有車、マイカー運転中においても、挙手や会釈をしている人は少なくないはずです。

 

 運転中にわき見となる行為の危険性を、もう一度、周知しておきましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.8.14更新)

■バス初任運転者のための指導・教育テキスト

 2016年1月に発生した軽井沢スキーバス事故を契機に、国土交通省ではバス事業所への監査を徹底するなど、再発防止のための法改正を行いました。その中でも、初任運転者に対する教育は重点的に強化されましたが、具体的な教育テキストはありませんでした。

 

 本書は、中国バス協会様のご指導のもとに制作したテキストで、事業所における初任運転者教育の方法を具体的に紹介した決定版です。初任運転者教育の内容をイラストや写真を使って、わかりやすく解説しています。 

 

 また、指導記録用紙や記入例、実技指導のチェック項目も備えていますので、バス運転者の初任運転者教育を行うにあたって欠かせない1冊となっています。

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月24日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。