車に犬を乗せるときは動き回らせない

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる8月30日午後3時15分ごろ、京都市伏見区の近鉄京都線の踏切に乗用車が進入し、普通電車の側面に接触する事故がありました。

 

 事故当時、乗用車は踏切前の先頭で停車中で、運転していた女性は、「車内にいた犬が足元に入ってきた」と説明していることから、犬が入ってきたはずみで思わぬブレーキペダルから足が離れ、乗用車が前進したものだと思われます。

 

 窓から犬が顔を出していたり、車の中に犬を乗せて運転している人をよく見かけます。中には、犬を抱っこしながら運転している人もいます。

 

 車の中を犬が自由に動き回るような状態で乗せていると、この事例のように運転席にも犬が入ってくることがありますので、運転に多大な影響を及ぼすことになります。

 

 車の中に犬を乗せるときには、動き回らないようにゲージの中に入れたり、後部座席に乗せて運転席に来られないように繋いでおくなどしましょう。

 抱っこしながら運転するというのは、危険なので絶対にやめてください。

 

(シンク出版株式会社 2023.9.15更新)

■「2024運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です!

 今年も、「2024トラック運行管理者手帳」と「2024バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 

  カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

4月24日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。